<   2018年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

e0146031_20230380.jpg
8年ぶりの再会。

みんな変わらず、面影たっぷり。

『私たちが入学してから、干支が一周したのよ?』

その一言に、一座がわっと驚いた。
(光陰矢の如し、というやつです、、)

--------------------

by futoshi84 | 2018-06-30 20:26 | その他
e0146031_21013670.jpg
”何か”が起こる前に
今夜は寝てしまおう

--------------------

by futoshi84 | 2018-06-27 21:02 | その他
e0146031_20393802.jpg
他のことは大体で良い、
でも、食事だけはきちんと、ね。

--------------------

by futoshi84 | 2018-06-25 20:42 | 料理
e0146031_20315542.jpg
一昨日、帰り道に見えた夕焼け。
考え込んでしまうくらい綺麗だったです。

e0146031_20315701.jpg
バカみたいに沢山朝ごはんを食べる時があって、
冷蔵庫から次々と野菜・果物を取り出し、
和洋など関係なく食べてしまう。

そういうノンびりした朝が、私はちょっと好き。

--------------------

by futoshi84 | 2018-06-23 20:35 | 料理
e0146031_21343929.jpg
40通は書いたろう。
随分と筆まめなヨーロッパ旅行だった。

もともと海外に行く予定はなかったから、
ほとんど誰にも何も告げず乗った飛行機だった。
『だから、代わりに』
と言ってはお粗末かもしれないけれど、
親しい知人や家族、動物病院の先生にまで、
とにかく手紙ばかり書いていた。

ある時は熱狂覚めやらぬルーヴル美術館のカフェで、
あるいはセーヌ河畔の暮れなずむビストロで、
ベルギー国境を越える高速鉄道に揺られながら震える字を綴った。

便箋も何も用意してなかったから、
行く先々で葉書を買うこともあれば、
カフェのテーブルに置かれたポストカードに直接書き込むこともあった。
そしてその都度、町の文房具屋さんで切手を買った。
”そういうローカルさ”は私の好むところだったし、
日本語とアルファベットの入り混じった葉書を見て
『君はなかなか良い字を書く』
と褒めてくれた店員さんもいた。

長いものでは10ページ以上の場合もあった。
住所の分からない相手にも手紙を書いた。
(その手紙は出せずじまいだった)
『そんなことをしたって何の意味も無い』
とも思ったけれど、それはまぁ、
どちらかといえば気持ちの問題だったのではないだろうか。

ちゃんと全部届いたのか、そこまでは分からない。
それでも、たとえ届かずどこかで紛れてしまったとしても、
私は後悔しないと思う。
そうした”不確実性”に改めて身を浸すことが、
なんと言っても旅の醍醐味なのだから。

--------------------



by futoshi84 | 2018-06-21 21:55 | その他
e0146031_20382676.jpg

--------------------


by futoshi84 | 2018-06-19 20:38 | その他
e0146031_20330159.jpg
久しぶりに、東京でご飯。

ハーグのインテリア・ショップで見つけた燭台は、
なんというか、大の好み。
火を見つつぼけっとご飯食べるの、
好きなのです。

--------------------

by futoshi84 | 2018-06-17 20:34 | 料理
e0146031_20235341.jpg
なんだかんだと半月以上も滞在していたヨーロッパですが、
滞在中、東京とほとんど変わらない生活を送っていました。

e0146031_20235241.jpg
朝はいつもお散歩(それにしても旅行中、よく歩いたねぇ・・)して、

e0146031_20235291.jpg
パリの市場でお花を買ったり、

e0146031_20235220.jpg
アンティーク屋さんをのぞいたり(良いシャンデリアやキャビネットがあったけれど、もちろん持ち帰れず、、)、

e0146031_20235226.jpg
ブティックでスーツを仕立ててもらったり。
フランスに来たら服を買いたかったのです。
幸い店員さんは英語が話せて、
わいわい盛り上がりつつ選べました。

e0146031_20235394.jpg
カフェで読書はもちろん、

e0146031_20284646.jpg
なるべく絵も描いていました。

e0146031_20284666.jpg
スケッチブックは持ってきておらず、
代わりにメモ帳にちょこちょこと。

e0146031_20235185.jpg
今回はパリでもオランダでも、現地の人の家に泊まっていました。
たまたまなのか、国民性なのか、とにかくみんな元気!
大ぶりの身振り手振りあり、
大声での笑いあり、
「ただいま」のハグあり・・・
おかげで私も、随分元気が出たように思います。
(まぁ・・私自身、もともとそういう傾向があったよねぇ)

e0146031_20235245.jpg
e0146031_20235142.jpg
毎年とは言わなくとも、
二年に一度くらいは海外に行こう・・・そう思ったヨーロッパ滞在でした。^^

--------------------



by futoshi84 | 2018-06-14 20:41 |
e0146031_00175642.jpg
美術館巡りも最終盤、
今日はオランダの首都・アムステルダムです。

e0146031_00175667.jpg
東京駅のモデルになったとの説もある(諸説あり)、アムステルダム駅。
両側の塔や赤レンガなど、確かに似てますね。
ちなみに東京駅は↓

e0146031_00285207.jpg
こちらです。
似てるような、似てないような・・・?

ちなみにアムステルダム駅の構内には、
とびきり素敵なカフェがあります。

e0146031_00192822.jpg
ホテルロビーというか、むしろ宮殿みたい

e0146031_00192797.jpg
はぁぁ〜とリラックスできそうだったので、

e0146031_00192876.jpg
珍しく、冷たい飲み物を。
さぁさ、一段落したら歩きましょう^^

e0146031_00175625.jpg
e0146031_00175602.jpg
e0146031_00175765.jpg
アムステルダムは水路が同心円状に広がり、
『水の都』の呼び名がピッタリでした。
e0146031_00175731.jpg
目抜き通りにはスイーツ屋さんもいっぱい^^

e0146031_00175751.jpg
大好物のバターケーキ発見^^v
思わず食べた。けど、砂糖より甘かったです、衝撃・・
普段日本で一度にケーキ2つ食べる私でも、
『これはちょっと・・』な甘さでした^^;

ヨーロッパに来て感じたことは、
『味の組み立てやコンセプトが日本とは違う』
ということです。
建物やインテリア、生活スタイルにもそれは当てはまるかもしれない。
見た目はよく似ているし、チーズやチョコレートなど
『これは日本にもあるな』
というものも多い。

でも、よく見たり食べたりすると、なんだか違う。
それはなかなか、面白い経験ですよね?
実際来て、始めて実感できるというか。


e0146031_00175720.jpg
朝早く出たにもかかわらず、アムステルダム国立美術館に着いたのは10時半。
(カフェにばかり行っていたせいです、えぇ)

ここはなんと言っても、

e0146031_00183330.jpg
レンブラント先生の『夜警』が目玉です^^
これはねぇ・・・実物はやっぱり凄いですねぇ。

もちろんレンブラントの絵は画集で見ても十分凄いのだけど、
巨大なカンバスのスケール感やダイナミックな陰影は、
実際目にすると迫ってくるものがあります。

e0146031_00183436.jpg
観光シーズンだったようでした。
外国の方はもちろん、
学校の遠足できてる子どもも沢山。

e0146031_00183491.jpg
後年、絵の一部が切り取られてしまったことで有名な夜警。
『切り取られる前の絵』を模写した作品が残っていて、
当時の面影を偲ぶことができます。
(余談だけれど、私はこの手の『本当はネ・・』という話が大好き)

e0146031_00183479.jpg
オランダを代表する画家フェルメールも、もちろん!

e0146031_00183323.jpg
e0146031_00183318.jpg

海洋貿易で得た巨利を背景に、17世紀に覇権国家として君臨、
黄金期を打ち立てたオランダ。
アムステルダム国立美術館では、
当時の財宝や植民地からの蒐集品も数多く展示され、
予想以上の見応えです。
出島のジオラマなど、鎖国時代の日本の資料もありましたよ。
e0146031_00183338.jpg
e0146031_00175770.jpg
ほとんどの展示に英語解説があるのは、嬉しい限り。
(フランス語一本槍だったフランスは、その点ちょっと、、)

『大ざっぱでも、書いてあることを誰かに説明できる』
くらいの英語力があれば、大丈夫じゃないかな?
日本語の解説テープを有料貸出してる美術館も多く、
それでじっくり聞くのも◎。

--------------------

e0146031_00183492.jpg
e0146031_00183412.jpg
心ゆくまで鑑賞したら、徒歩5分の隣地にあるゴッホ美術館へ^^♪
ちなみに↑のオニーサン、
演奏がプロ並みに巧みでびっくり。
屋根の反響もあるけれど、他のギャラリー一同、
沁み沁み聞き入ってしまった。

e0146031_00183546.jpg
(ゴッホ美術館は撮影禁止でした)

個人的に特に期待していなかったゴッホ美術館(ゴッホの良さがよく分からない)でしたが、
いやぁ、ここへ来てすっかりゴッホ好きになりました。

彼の作品は東京でも観たことがあったけれど、
こうして一気に何百と観ることで、
彼の辿った道のりや苦悩を追体験することができます。

解説と一緒に作品を観ながら、私は泣いてしまったよ。
ゴッホにとって、”生きる”というのは決して容易いことでは無かったろうなぁ、って・・・

--------------------

e0146031_00192569.jpg
e0146031_00192669.jpg
美術館のあとはいつもお腹減るので(エネルギーを使い果たすのでしょうね)、
近くのカフェでお昼ご飯。
ほうれん草とキュウリのサラダ、スイカも一緒で涼しげです。

e0146031_00192619.jpg
またワンコもいた^^

e0146031_00192785.jpg
e0146031_00192762.jpg
e0146031_00192775.jpg
e0146031_00192728.jpg
空は青々、いい天気!
この日も沢山歩いて、合計20,000歩でした〜。

--------------------


by futoshi84 | 2018-06-13 01:05 |
e0146031_03251028.jpg
ヨーロッパ旅行も終盤、
フランス→ベルギー→オランダと移動して、
ハーグにやってきました。

ハーグと言えば、『ICC(日本語でなんと言うのだろう?国際刑事裁判所?)の本部がある』、
というくらいしか知識の無い私^^;

『買い物オススメ!服とか文房具とか香水とか!』
と教わり、目抜き通りに向かいます。

e0146031_03251093.jpg
天井に屋根を設けたパサージュは、
日本でいう、アーケード街かな?
『雨でもショッピングが楽しめる!』
を謳い文句に造られたものの、
デパートの出現とともに下火になった様式だそう。

パリでも何度か見たよね。
翻る旗、両側に並ぶアンティーク調な伝統、
過剰とも言える壁の装飾・・・
ヨーロッパっぽいこの雰囲気、大好きです^^

e0146031_03251178.jpg
チーズナイフをはじめ、
キッチン用品を大量に買い込んでしまった・・
でも、悔い無し!というくらい、良いものばかりでしたよ^^

e0146031_03250987.jpg
通りから外れたところにある大麻屋さんを見かけ、
『そういえば、この国は大麻が合法だったっけ・・』
と、今更ながらに思い出しました。
1gが1,000円前後で販売されているものの、
それが高いかどうかすら、私にはよく分からない・・

出国前に知り合いと話していた時、
『オランダに行くなら大麻もするの?』
そう聞かれました。

あのですね・・・
私はやりたいことがあってはるばるヨーロッパまで来ているんです。
それはもちろん、


e0146031_03252634.jpg
絵画です!

ハーグにやってきた理由も、もちろん絵!
ここにあるのは・・

e0146031_03252727.jpg
フェルメール!!
寡作で生涯30点ちょっとしか絵を残さなかった彼ですが、
ハーグのマウリッツハイス美術館には、
彼の代表作が展示されています。

e0146031_03252601.jpg
『デルフトの眺望』。

すごく良かったヨ・・
オランダに来て良かった、って思ってしまった。

この絵のような景色って、オランダの古都に行くと今も観ることができて。
オランダ風景画がとーーーっても好きな私にとって、
オランダを歩いていると絵の世界に迷い込んだような、
そんな気持ちになります。

e0146031_03250974.jpg
同美術館には、レンブラント先生の絵も多数。

e0146031_03250903.jpg
e0146031_03251053.jpg
パリもそうでしたが、オランダの美術館は建物自体も重厚で見応えがあります。
窓の外には石畳の旧市街が広がり、
テラスでワインやサンドイッチを楽しむ人たちが見えて。
天井が高くて圧迫感も無いのも嬉しいよね。
(日本の建物は悲しくなるほど天井が低くって・・
それはもう、仕方ないことかもしれませんが)

e0146031_03252716.jpg
e0146031_03250985.jpg

美術館の周りも散策しました。

e0146031_03252655.jpg
あ、ゼロ距離^^
こういうの、好きですよ。

さぁさ、お昼は、

e0146031_03251043.jpg
ベーグルにしましょう。
↑写真の飲み物は、ヨーロッパに来てすごく好きになった飲み物。
スパイスティーの一種(かな?)

e0146031_03490366.jpg
オレンジとホールシナモンそれにスターアニス。
日本でも手に入る素材で、あとはお湯を注ぐだけ。
帰国してからも真似できますね・・・!

e0146031_03491029.jpg
(別のお店ですが・・)
たっぷりミントに熱湯を注いだこの一杯も、
暑い日にはピッタリでした。

e0146031_03251157.jpg
とにかくカフェが多い一日でした。
歩いてる時間よりカフェでのんびりしてる方が長かったんじゃ・・^^;

e0146031_03252614.jpg
カプチーノで一息ついて、帰りましたよん^^♪

--------------------


by futoshi84 | 2018-06-11 04:02 |