<   2015年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0146031_20300313.jpg
e0146031_20300366.jpg
e0146031_20360493.jpg
e0146031_20300342.jpg
e0146031_20302169.jpg
e0146031_20300457.jpg
e0146031_20300427.jpg
e0146031_20302187.jpg
e0146031_20302143.jpg
e0146031_20302113.jpg
e0146031_20302234.jpg
e0146031_20321209.jpg
e0146031_20320943.jpg
2015年が無事に暮れてゆくこと
その一年にちゃんと手を振れること。
私はそれを、多としたいです。

来年はもっともっと頑張りますよ〜っ!^^


--------------------



by futoshi84 | 2015-12-31 20:37 | その他
e0146031_21293743.jpg
洋館を見に、神戸まで。

e0146031_21293759.jpg
昔の洋館が好きな私。
明治村や山手西洋館は何度も行ってて、
中でも家から比較的近い「江戸東京たてもの園」に至っては100回以上訪れています。
(一日二回いくこともあるからなぁ^^;)

神戸の異人館街は一度も行ったことがなく、
機会があればいずれ・・・!そう考えていました。

ということで念願かなって、まずは『風見鶏の館』から。
e0146031_21293740.jpg
広間にずっしりと大きなテーブルがあって、背板が特徴的な椅子が整然と並んでて、
大きな窓から午後の光が差し込んでいる・・・
そういう部屋に足を踏み入れるたび、
ほぅっと息が出てしまいます。
各部屋に取り付けられた暖炉の装飾まで素敵。
いつまでも見惚れてしまいます。

e0146031_21293671.jpg
その隣にあるのは「萌黄(もえぎ)の館」。
位置付けとしてはマイナーなのかな?
佇まいといい二階から枝分かれした各部屋といい、
個人的にはこっちの方が好みでした。

e0146031_21293749.jpg
日なたぼっこには最適です。
影まで美しい。

e0146031_21293661.jpg
遅目のご飯を食べて、

e0146031_21293604.jpg
すぐ側にあるスターバックスへ。
1907年に建てられた洋館を改装して、
お店として利用されています。

e0146031_21293689.jpg
店内は部屋ごとに調度品も異なり、
見て楽しい、座って嬉しいお店でした。

e0146031_21293642.jpg
顔文字かわいい・・・!

e0146031_21293627.jpg
富山の運河沿いにあるスターバックスも開放的で良かったけど、
神戸のこの店舗は、今まで行ったスターバックスで一番好きでした。

まったりして、しばしまどろんで、
日も暮れてきたし夜景を見に。

e0146031_21304795.jpg
ポートタワーが神戸らしさを演出してて、
周りを歩いてると、入港してくる船を眺めることができます。

13年ぶりの神戸だったからか、
朝から晩まで満喫できました。
パン屋さんなど行きたいところは沢山あったけど、
それはまぁ、来年で。
また一緒に行きましょう^^。

--------------------



by futoshi84 | 2015-12-30 21:52 | 外出
e0146031_13583531.jpg



閉じられた世界でしか出来ないことは、
やっぱりある。

--------------------
by futoshi84 | 2015-12-26 13:59 | 写真
e0146031_13181466.jpg


玄関に花を飾るのがマイブーム。
帰ってきてドア開けた時、
「おかえり」って言ってもらえてるような気がして嬉しいのです。

--------------------
by futoshi84 | 2015-12-26 13:20 | いつも
e0146031_232235100.jpg


今日は暖かい日でしたね。天気も良かったし、空も高かった。
私はね、こういう日は散歩に行くことにしてるんです。
君ともよく歩きましたね、今思えば。

散歩というのはじつにいいもんです。
アスファルトを踏む時のリズムがあって、
流れる雲の切れはしが見え、
軒先に干された洗濯物がはためくのが分かる。
天気の良い日の散歩は格別です。そう思いませんか?

距離はまぁ、20キロほどです。
そのことを話すとみんなびっくりしますが、
それでもまぁ、歩けば数時間のものですから。

こういうことって、最近はほとんど評価されないもんです。
時代が変わったんでしょうね。
物事は早ければ早いほど良く、試行錯誤は少ないほど良い。
それが常識になってます。

君も知っての通り、私はそういうのに上手く馴染めんのです。
だってね、なんだか変だと思いませんか?
早さを追い求めた先にあるのはゼロです。
そしたら最後には「やらないほうがいい」ってなっちまいますから。
でもまぁ、これは好みの問題でしょうね。
だからなんとも言えないです。

君が死んでしまってからも、私は歩き続けてます。
悲嘆に暮れた夜であれ、無力感に苛まれた日曜日であれ。
泣きながら歩き始めることはできます。
でも、歩いてるうちに自然と泣き止んじゃう。
そこが散歩の良いところでしょうな。

来年こそ、君んちまで歩いていきますよ。
えっちらおっちらと。線香と花を抱えてね。


--------------------
by futoshi84 | 2015-12-24 23:48
e0146031_00004276.jpg
e0146031_00004263.jpg
e0146031_00004270.jpg
e0146031_00004205.jpg
e0146031_00004329.jpg
e0146031_00004337.jpg
e0146031_00004336.jpg
e0146031_00004355.jpg
e0146031_00004319.jpg
e0146031_00004372.jpg
鍵は開けたまま出かけるよ。
君が、途方に暮れないように、ね。


--------------------


by futoshi84 | 2015-12-20 00:03
e0146031_19492334.jpg
「みかんの数だけ幸せになれる」

私はそう思います。

--------------------


by futoshi84 | 2015-12-16 19:50 | いつも
e0146031_12435781.jpg

「たまにはワイン飲みに行きましょう」の日で、夜のワインバーへ。

壁一面にはぐるりとワインが陳列され、店内は間接照明がぽつぽつと。
お客さんのカップル率は100%でしたσ(^_^;)
(休日の24時だからね、そりゃそうだよね)

まずは白ワインと盛り合わせから。

e0146031_12435804.jpg
e0146031_12435709.jpg
盛り合わせって大好きです。
いいよね、お得感があって。
思わぬ食材やメニューを口にできる機会も多いしなぁ・・・
サーモンも鶏肉も、食べたのも久しぶり。
細身のナイフ・フォークはピカピカに磨かれてて、見てるだけでも気持ち良い。

e0146031_12435706.jpg
ヤリイカのオイルパスタ。丸っとしたイカでした。

e0146031_12435795.jpg
せっかくなので、赤ワインも^^
e0146031_12435718.jpg
トリッパの煮込みと一緒に。
俗にいう、ハチノスです。牛の第二胃袋。
シーチキンのような歯応えでした。トマトソースがよく合うなぁ。
このへんで、お腹いっぱい。

『ちょっとした外食へゆきましょう』

という活動を、月に一度は行っています。
キチンとした服を着て、オシャレな料理店へ出かけてゆく。
背筋を立てて食事をする。
店員さんにお礼を言ってお店をあとにする。

そういうのはとっても大切だと、私は思います。
ハレとケみたいなものですね。

さぁ、帰りましょう。

e0146031_12435693.jpg

今夜も終電だっ、乗れる電車で帰りましょう。
終電間際の駅の雰囲気、あれは独特のものです。

大学生らしき一団が、酔いつぶれた人を両肩に担いで群れている。
そのすぐ側で真っ青な顔をして自販機にもたれかかっているのは、
吐瀉してしまった青年だ。

ホームを眺めてみると、眠たいのか疲れてるのか、
立っていられず座り込んでいる人もちらほらいる。
(「コート汚れないかな、大丈夫かな」と要らぬ心配をしてしまう私。)

『おつかれさぁーしたぁ!』『良いお年を!!』
そんな感じの元気なフレーズが、駅全体にこだまする。

なんだかとっても世紀末。
たまにはこんな風景も良いものです。
(たまには、ね)

--------------------



by futoshi84 | 2015-12-14 13:20
e0146031_22354498.jpg
「今死んでも構わない。」
そう思わせる景色に出会うことがある。

--------------------




by futoshi84 | 2015-12-08 22:37 |
e0146031_07460310.jpg
夏の初めごろから「古典を読みましょう」月間が続いていて、
ようやく平家物語を読了。
原文は難しかったので、現代語訳版です。
とても哀しく美しい話ですね、平家物語。

e0146031_07460303.jpg
所用ついでに、自転車で東京湾まで。
散歩もいいけど、たまにはエッサホイサと自転車こぐのも好き。


e0146031_07460358.jpg
皇居近くも通ったよ。
イチョウが綺麗でね・・・ここは広々してて眺めもいいから、
休憩にちょうどよくって。

e0146031_07460323.jpg
ちょびっとお酒も。焼酎です。
先週は飲み過ぎたので、この日はたしなむ程度で。
店長さん、他のカウンターのお客さんもみんな一緒になって、
ととけん(日本さかな検定)の話で盛り上がりました。
(不思議なお店だったな~)


e0146031_07460467.jpg
ぶらぶら歩いて帰ろうと思ってたけど、
思い直して、きちんと帰宅。


e0146031_07460405.jpg
勉強もシッカリしてますよ・・・
って、万年筆のスラスラした書き具合が好きで、
それを楽しんでるだけなんですけどね^^;


e0146031_07460387.jpg
みかん、リンゴ、ゆず。
『果物って、神様が作ったのでしょう』
美味しいフルーツ食べる度にそう思ってしまう。
ケーキ食べる回数がめっきり減ったのは、
果物が所以かもしれません。

e0146031_07460447.jpg
知人とお散歩+ランチ+買い物で、渋谷と表参道へ。
このところ、毎月会ってるねぇヽ(=´▽`=)ノ
あれこれ話しながら雑貨を眺める。
「おぉ旨い!」と舌鼓を打つ。
至上の時間だなぁ、と思っています。
ありがとうね^^


e0146031_07460525.jpg
帰り際、一輪の花を買って。
押入れから花瓶を引っ張りだして飾りました。

花のある生活に戻ってこれらことが、
今はとても嬉しかったのです^^♪


--------------------




by futoshi84 | 2015-12-07 08:05