<   2014年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

(かんぜんにうつ日記です;)

e0146031_2171796.jpg


目が覚めて枕元の目覚まし時計を見ると、
大抵は5:00〜5:10の間。
「金太郎飴みたいに正確だ」
思わず苦笑してしまう自分が居る。

e0146031_2174910.jpg


妻を起こさないように台所へ行って、
ざざっと朝の読書を終える。

私の日常というのは、その気になれば引きこもりになれると思う。
ただ、私は散歩や賑やかな場所が大好きで、
「ちょこっとコンビニまで」
などと理由を付けて出かけてしまう。
それが唯一の息抜きかもしれなかった。

e0146031_217501.jpg


「なんだか不健全な毎日かもしれない」
時にそう思うこともある。

今や私の睡眠時間が5時間を超える日は無くなってしまった。
起きている間中、ひたすら学び続けている。
勉強していない時は新しい献立の料理を作っているし、
そうじゃない時は外国語のニュースや文献を読み込んでいる。

そして分かる。
この先、今より時間のゆとりが出来る日はやって来ない、ということも。

e0146031_2175252.jpg


多分、周りの人にとってサッパリ意味不明だということも分かる。
「何をぶらぶらしてるのか」と言う意見を聞かされ続けたし、
「盆暗」と言われたこともあって、
ついには周囲に理解を求めることを放棄してしまった。

鬱積が次第に溜まっていることも分かってる。
そういう時に限って、あとどれくらい続くだろうかと思う。
壊れるまでやりましょう、と自分に言い聞かせる。
今度壊れたら、もう修復の必要は無いから、と。
by futoshi84 | 2014-04-30 21:24 | うつ
e0146031_21524134.jpg


わくわくして日の出前に起きて
明けゆく空を眺めながら走って
そしたら朝ご飯がめちゃんこ美味しくて
昼くらいにはトラックの助手席でうとうとして

んで、今。(午後どこ行った)
by futoshi84 | 2014-04-29 21:55 | いつも
e0146031_216136.jpg


火曜日が祝日だなんて知らなかったぜ
いつもは平日も休日もないからね^^;

目まぐるしいって、こんな感じ。
太陽よりも早起きなんだぜ
by futoshi84 | 2014-04-27 21:08 | いつも
e0146031_2112187.jpg


きのこってこんなに美味しいんだぜって

そんな当たり前の話も最近できなくなっちゃったことが
少しばかり寂しいだけ。
by futoshi84 | 2014-04-24 21:03 | その他
e0146031_19512145.jpg


良い本に出会ってしまった

楽し過ぎて中断できなくて

帰りの電車、乗り越してしまったのはここだけの話

(写真はエルサレム旧市街。多分、ね)
by futoshi84 | 2014-04-21 19:52 | いつも
e0146031_2235160.jpg


何時に寝ても、5時に目覚めることに変わりがないと気付いた。

夜9時に寝ても朝5時起き。
夜中の3時半に寝ても朝5時起き。

う〜ん、それでもいいんですけどねぃ・・・σ(^_^;)
by futoshi84 | 2014-04-20 22:40 | いつも
ここ最近起こったびっくりなどなど。

e0146031_13163771.jpg


スーパーで野菜を沢山買ったら652円だった。
「近ごろは国の政策が変わったのか、小銭がいっぱいいるんだなぁ」
などと思いつつ、小銭入れを取り出す。

小銭を左手に広げてみると、うぅん・・・足りない・・・かな?
念のため数えてみると、ドンピシャで652円分の小銭が手に乗っていた。

「わぉ、今日は良い事あるかも」
そう思ったけど、その日の"良い事"はそれだけでしたσ(^_^;)

e0146031_13163789.jpg


毎回のことだけど、夢がやけにリアルで困る。
「お化けが出てくる」
「宇宙行っちゃった」

そういうのならばまだいいのだけど、
大抵、現実でも起こりそうな夢を見る。

先週くらいには、起きると携帯電話に友だちからメッセージが入っていました。
「ここってIllustrator(パソコンで色々作れるソフト)でどうやるんですか」
という質問に対する返信で、

「この部分は説明するよりこのサイト見たほうが分かりやすいよ、
 んで、ココはもっと下げて」
的確なアドバイスに目を輝かせつつメッセージを読み終えました。

e0146031_13163621.jpg


翌日、早速試してみようとパソコンと携帯電話を取り出すと、
メッセージがどこにも見当たらない。
無い、無いと探してる途中、
「ひょっとして、あれって夢だった・・・のかな・・??」
と思い当たる。

急いで友だちに電話をしてみると、
「それは、うん、夢です。苦笑」とのこと。

だんだん夢と現実の区別が付かなくなってきてるのでしょうか・・・(;´▽`A``

e0146031_13163897.jpg


せっかく気持ちいい季節だしってことで、
手弁当持って桜咲く公園に。
満開の桜の根元に腰を下ろしてパクパク食べていると、
ヒラリと薄桃色の花弁が一枚、音もなく弁当箱に落ちてきた。

「今日はこれでオッケー」。

帰り道、そう思ったかな。
by futoshi84 | 2014-04-17 13:28 | いつも
e0146031_22205295.jpg


キミは 凹んでるところが好きなんだね

ずっと観察してると
凹みに沿って進んで行くもんね

私もきっと 同じタイプ。
by futoshi84 | 2014-04-15 22:22 | いつも
e0146031_1843057.jpg


隠れきれてない穴熊みたいな。
みんなから怖がられるけど、根は優しい性格みたいな感じ。
本当はいいヤツなんだゼ、と。

・・・そんな写真、かな。

e0146031_1843051.jpg


その30分ほど前に撮った、水路と写真。
あでやかなのがずっと好きだったけど、
近ごろは一枚目みたいな写真が好み。

じとーっとしたような。
この辺りは気分や好みなのでしょう。


さぁさぁ寝よう。
by futoshi84 | 2014-04-14 18:43 | いつも
e0146031_19343334.jpg


乾杯の音頭と共に、賑やかな式が始まった。

当日朝まで 「断固不参加」 を叫び続けていた私は、
親族テーブルに自分の名前を見つけて多少の驚きを見せた。

e0146031_1934344.jpg


「あなたが来てくれて、あの子も喜んでいるわ」
そう囁きかける母。
うん、あぁ、と照れ隠ししながら答える私。

私のカメラのメモリーカードは少なく、
撮影可能枚数が230枚と表示されている。

「今日は一枚撮るか撮らないかだろう」
大きな会場を目の当たりにし、一人頷く私。

e0146031_19343637.jpg


「写真と酒の日にしよう」

白いネクタイを締めながら、家を出る時には決意していた。
会場には大きなカメラをぶら下げたカメラマンがストロボを焚いていたので、
一先ず私の出番は無さそうだった。

家族の私にしか撮れない写真があるハズだ―
そう思って立ち上がり、テキパキと撮っては酒を飲み、
再び席を外して撮り直す。


e0146031_19343234.jpg


"FULL"

メモリーカードの容量ゼロを示す赤い警告表示がファインダーに現れた時、
私は今日の仕事が全て終ったことを知ったのだ。

ただ一言 "We're done." と呟き、
席に戻ってあとは飲み続けた。

出席者は初めて会う顔ぶればかりで、
私は誰とも挨拶を交わさなかったように思う。

淡々と飲み、たまに思い出したようにフォークを取った。
式が一通り終わった頃、挨拶して会場を抜ける。

帰りの電車に乗っていた時、
向かいに座った若い男性がルービックキューブをカチャカチャやっているのが目に止まった。
よほど集中しているらしく、私が見つめていても気付く様子もない。

ボンヤリと眺めていると、ピタリと男性の動きが止まった。
手元を見ると、そこには完成したルービックキューブがすっぽりと収まっている。
「バカな。」と私は驚いた。
鮮やか過ぎる手さばきである。

「なんだか夢のようだな」
電車を降りて、帰り道を歩きながらそう思った。

・・・最近は毎日が飛行機よりも早いんだぜ。
夜空に向かって呟いた。
家に帰って着替えたら、今日は早めに寝ようと思った。
by futoshi84 | 2014-04-12 19:58 | その他