<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

e0146031_18191216.jpg


素敵空間で、心ゆくまで。

e0146031_18191494.jpg


写り込むのは何でも撮ってしまうワタクシ。

e0146031_18191541.jpg


たまには外へ出なきゃナ~なんて思いながら帰路についた、
今日の午後でした^^
by futoshi84 | 2013-04-30 18:21 | いつも
e0146031_1941622.jpg


階段上ると頭がガンガンいってしまう

どしてだろう
by futoshi84 | 2013-04-29 19:42 | いつも
e0146031_19261534.jpg


あなたをもっと撮っておきたかったよ。
by futoshi84 | 2013-04-25 19:29 |
e0146031_18215090.jpg


『決意を内外に示さんが為』。

坊主に 戻りましたよっ

e0146031_18215183.jpg


和食の季節です。(私の中で)

たくあんと豆腐を食べてると、
それだけでほんのり仕合わせに。

e0146031_1821337.jpg


ただの目覚まし時計と思うなかれ。
実は中東にもアフリカにも東南アジアにも行っている時計だったりする

e0146031_18215076.jpg


せっかくなので。

ランニングを始めましたよんc
by futoshi84 | 2013-04-23 18:28 | いつも
e0146031_19341094.jpg


ホッと一息つけるような

ここがそういう日記であるといいな。

つづき。
by futoshi84 | 2013-04-22 19:58 | いつも
e0146031_1940392.jpg


心の扉を閉ざすのは

もうやめるよ

だから

手を離さないで、ね。
by futoshi84 | 2013-04-21 19:47 | いつも
e0146031_9444488.jpg


『尊敬と崇拝の対象』。

高校時代の担任の先生を想う時、
決まって浮かぶのがこの言葉だ。

つづき。
by futoshi84 | 2013-04-18 10:15 | その他
e0146031_9374930.jpg


良いスミイカが手に入ったので。
イカ墨のパスタを。
(薄味でした)

e0146031_937544.jpg


コチラはあんかけパスタ。
名古屋とその周辺で食べれて、本場のパスタとは似ても似つかない名古屋名物。

他地方の人には美味しさが分かってもらえそうもないよなぁ・・・
でも とっても美味しくって。

e0146031_9374918.jpg


御髪を切ったそうで

夏仕様、ですなぁ

e0146031_9374891.jpg


せっかく街へ出たので 日本初上陸だという石鹸屋さんでお土産を。

家に帰って妻に見せたら、開口一番 『節約しろ!』
と怒られた私ですぅ(;´▽`A``
by futoshi84 | 2013-04-16 09:42 | いつも
e0146031_10142599.jpg


『世に打って出んが為』

というわけではないけれど、英語でも日記(ブログ)をつけている。
2012年の始め頃に始めたから、もう一年ということになる。

e0146031_10143498.jpg


彼女がコメントやメールをくれるようになったのは、
日記が軌道に乗った昨年夏ごろだったか。

今は便利な世の中なので、
facebookで交流したりskypeで通話もできる。

e0146031_10144125.jpg


それにも関わらず"昔ながら"のブログやメールでのやり取りを楽しんでいるのは、
ひとつには 『ただの友だちじゃあ、ないんだぜ』 という意気込みがあるからかもしれない。
(私は勝手にそう思っている)

だから相手のfacebookアカウントは知っていても、
あえて申請は出していない

e0146031_10145032.jpg


彼女を見ていてつくづく思うのは、

『なんて聡明な御仁だろう』ということ。

まだ18歳になったばかりだというのに、
英語も仏語も淀みなく理解できる。
言葉だけではなく思慮も深く、深謀遠慮でもある。

e0146031_10152580.jpg


私が18の頃はどうだっただろう。フトそういう思いがよぎる。

『いずれは一旗揚げてみせるサ』

そう大言壮語を吐きながら、実際には何もしてこなかった。

e0146031_10151198.jpg


そういう悪癖は今なお残っていると思う。
パソコンの前でボンヤリしていると、いつの間にか5時間ほど過ぎている。
ついつい昼寝をしてしまう。

決してダラけているわけではなくて、
単に自分にはボンヤリの時間が必要なわけで。
でもそれを余人に理解してもらうのはほとんど不可能に近くって。

e0146031_10151889.jpg


そういう昼行灯のような私を好いてくれる彼女が、私もとても好き。

『ちょっくら飛行機にでも乗って会いに行くよ』
という話も出たのですが、様々な理由で頓挫してしまいました。

e0146031_1015022.jpg


それでも 『いずれ会って、何日でもゆるりと話せるさ』
ということはお互い分かり切るほどに分かっています。

e0146031_10153290.jpg


元来、『好意』と『恋』の区別が付けづらい私は、
どちらかと言えば女の人には関わらないように生きてきました。
そうしないと大変なことになってしまうから。

それでも、彼女だけは別。

大別すれば 『友だち』 というワクなのですが。
それだけではない、何かとても大切な人の、お話でした。
by futoshi84 | 2013-04-15 10:49 | その他
e0146031_21541338.jpg


e0146031_21541470.jpg


e0146031_21541410.jpg


e0146031_21541511.jpg


e0146031_21541564.jpg


e0146031_21541671.jpg


e0146031_21541664.jpg


e0146031_2214215.jpg


e0146031_21541813.jpg


e0146031_21541886.jpg


e0146031_2221526.jpg


e0146031_21553739.jpg


e0146031_21553798.jpg


あの日あの瞬間に躍動したことを

私は終生忘れない
by futoshi84 | 2013-04-14 22:06 |