2019年 07月 08日 ( 1 )

e0146031_19083196.jpg
ワクワクドキドキしたからか、早朝に起きてしまった休日のある日。
サマージャケットにポケットチーフを挿し、
お気に入りのIssey Miyakeの香水をして東京駅まで。

人生において『100%の私』を演出しなければならない時があるとすれば、
今日が”その日”なのだ。

--------------------

絵画イベントで親しくなった台湾人女性と、
時々休日を共にするようになりました。

几帳面で節約家の彼女と異なり、
私の性格は(良くも悪くも)ザックリしたものでした。
プレゼントされた万年筆を2日で無くしたこともあるし、
iPhoneを週に二回壊したこともある(二回とも自転車から落とした)。
反対方向の電車に乗ったりなんて、しょっちゅうです。

『大したことじゃない、気にせず笑っていれば良いんだ』

私のそうした性格が、彼女にある種の憧れを抱かせたのかもしれません。

--------------------

e0146031_19083308.jpg
私は常々思うのだけれど、今の日本社会はあまりに禁欲過ぎる。
職場で楽しそうに過ごしていると怒られるし、
満員電車で画集に熱中していると冷めた視線を浴びるし。
20代はそういう社会に反発していたけれど、
最近は反抗するのも億劫になってきて、
『いいさ、私は好きに生きるさ』
そう思って過ごしています。

--------------------

e0146031_19083346.jpg
何によらず、私は直感的なタイプなのです。
Excelの表と睨めっこしたり、昨対比や予算消化率をはじき出すことよりも、
エンジン音に耳を傾けながら車を走らせたり、
絵筆で光と影を描くほうがずっと向いていました。
”現代向きの人間”ではないし融通も利かないけれど、
そんな自分の性格が気に入ってもいたのです。

e0146031_19083243.jpg
だから、ね、好きなようにやってゆきますよ。
生命が続く限りね。

--------------------



by futoshi84 | 2019-07-08 19:30 | その他