会席料理を食べに。

e0146031_13170380.jpg
暑い季節こそシッカリ食べよう!
・・・ということで、知人と料理店へ。
たまには会席料理を食べましょう。
(私は日本料理の知識がゼロに近いので、
名称なんかが間違ってるところもあると思います。
あらかじめ、、)

e0146031_13164133.jpg
先付けは湯葉豆腐。
市松模様のお洒落なお皿を手に取ると、
ヒンヤリして食欲をそそりました。

e0146031_13164186.jpg
旬の素材をふんだんに使用した八寸(かな?)。

知人『ふとしくん、このお皿の料理って何?』

私『う〜ん、トマトのは、シロップ漬けじゃないかなぁ・・・
あとはね、これはかに寿司でしょう?
四角くって黄色いのはたぶん袱紗、
となりは旬の枝豆、
その手前は穴子けんちんじゃなかったかなぁ、、
その他は分かんないです(・・。)ゞ 』

料理名が分からなくっても良いんです、
美味しく楽しめるのが一番なんじゃないかと・・・
(これはまぁ、負け惜しみですね^^;)

続いて運ばれてきたのは・・・

e0146031_13433384.jpg
わぉ、はもだぁ^^♪
料理店ではもが出てくるとね、
妙にテンションが上がる。
「おっし!」とガッツポーズしたくなる。
(しないけど、、)
何故だろう?それほど印象的な味ではないように思うのですが・・・

e0146031_13164132.jpg
続いてお造り。

もうね、見た目からストライクゾーンです。
ひらひらのお皿には細かく砕いた氷が盛られ、
扇形の台(和食の用語はほんとに無知な私;)には、
目にも鮮やかな薬味やあしらいに囲まれた新鮮な刺身。

この時点でお腹いっぱいになりつつありましたが、
まだコースの折り返し地点くらいじゃないかな、、

e0146031_13164096.jpg
ナンダロー・・・炊合せ、かなぁ・・?
名前だけでなく、それほど印象を残さない味の一品でした。

e0146031_13164015.jpg
陶板焼きの用意が整う頃には、
腹八分を通り越していました。
『こんな美味しい料理がフルコースで続々と運ばれてくるのに、
だんだんお腹が辛くなってきましたよ。。』
お酒飲みつつ、というのも理由の一つだったのかなぁ。

e0146031_13164062.jpg
酢の物で、ちょっと一息。
お肉の後ですと、さっぱりした酸味が心地良くって。

ちょうど良い頃合いを見計らって料理が運ばれてくるからか、
種類・量の多さにも関わらず、なんとか完食。

お腹もいっぱいだし、デザート食べて帰ろうかな?
と思った矢先に・・

e0146031_13163990.jpg
e0146031_13163906.jpg
揚げ物、食事の到来。
『そういえばご飯まだだったよね』
なんだかんだ言いながら、きちんと食べ終えて。


会席料理を食べる機会って旅滅多になく、
たまに訪れる温泉旅館で口にした経験しかなかった私。
この日のボリューム満点&豊富な食材な会席料理に、
すっかり虜になってしまいました。

お〜し、明日から頑張って働くぞ―!
そして会席貯金するぞー!(?)
なんて決意して、

e0146031_13163902.jpg

終電の電車に乗って帰りましたよん。

--------------------



by futoshi84 | 2017-05-31 14:03 | 料理