タグ:外出 ( 110 ) タグの人気記事

e0146031_13170380.jpg
暑い季節こそシッカリ食べよう!
・・・ということで、知人と料理店へ。
たまには会席料理を食べましょう。
(私は日本料理の知識がゼロに近いので、
名称なんかが間違ってるところもあると思います。
あらかじめ、、)

e0146031_13164133.jpg
先付けは湯葉豆腐。
市松模様のお洒落なお皿を手に取ると、
ヒンヤリして食欲をそそりました。

e0146031_13164186.jpg
旬の素材をふんだんに使用した八寸(かな?)。

知人『ふとしくん、このお皿の料理って何?』

私『う〜ん、トマトのは、シロップ漬けじゃないかなぁ・・・
あとはね、これはかに寿司でしょう?
四角くって黄色いのはたぶん袱紗、
となりは旬の枝豆、
その手前は穴子けんちんじゃなかったかなぁ、、
その他は分かんないです(・・。)ゞ 』

料理名が分からなくっても良いんです、
美味しく楽しめるのが一番なんじゃないかと・・・
(これはまぁ、負け惜しみですね^^;)

続いて運ばれてきたのは・・・

e0146031_13433384.jpg
わぉ、はもだぁ^^♪
料理店ではもが出てくるとね、
妙にテンションが上がる。
「おっし!」とガッツポーズしたくなる。
(しないけど、、)
何故だろう?それほど印象的な味ではないように思うのですが・・・

e0146031_13164132.jpg
続いてお造り。

もうね、見た目からストライクゾーンです。
ひらひらのお皿には細かく砕いた氷が盛られ、
扇形の台(和食の用語はほんとに無知な私;)には、
目にも鮮やかな薬味やあしらいに囲まれた新鮮な刺身。

この時点でお腹いっぱいになりつつありましたが、
まだコースの折り返し地点くらいじゃないかな、、

e0146031_13164096.jpg
ナンダロー・・・炊合せ、かなぁ・・?
名前だけでなく、それほど印象を残さない味の一品でした。

e0146031_13164015.jpg
陶板焼きの用意が整う頃には、
腹八分を通り越していました。
『こんな美味しい料理がフルコースで続々と運ばれてくるのに、
だんだんお腹が辛くなってきましたよ。。』
お酒飲みつつ、というのも理由の一つだったのかなぁ。

e0146031_13164062.jpg
酢の物で、ちょっと一息。
お肉の後ですと、さっぱりした酸味が心地良くって。

ちょうど良い頃合いを見計らって料理が運ばれてくるからか、
種類・量の多さにも関わらず、なんとか完食。

お腹もいっぱいだし、デザート食べて帰ろうかな?
と思った矢先に・・

e0146031_13163990.jpg
e0146031_13163906.jpg
揚げ物、食事の到来。
『そういえばご飯まだだったよね』
なんだかんだ言いながら、きちんと食べ終えて。


会席料理を食べる機会って旅滅多になく、
たまに訪れる温泉旅館で口にした経験しかなかった私。
この日のボリューム満点&豊富な食材な会席料理に、
すっかり虜になってしまいました。

お〜し、明日から頑張って働くぞ―!
そして会席貯金するぞー!(?)
なんて決意して、

e0146031_13163902.jpg

終電の電車に乗って帰りましたよん。

--------------------



[PR]
by futoshi84 | 2017-05-31 14:03 | 料理
e0146031_18004455.jpg
『食べるために生きている』
そう断言しても構わないほど、
お腹いっぱいになったら・・・

e0146031_18004391.jpg
その足で出張へ。
車内のお供は、いただきもののスムージー。
終始パソコンとにらめっこでした。

煮え切らないことだらけだった会議後、
一直線に駅に向かうきにもなれず、、、
界隈をのんびりお散歩。
雨に濡れた梅が目に優しいなぁ・・・

ふと目についた、お寺さんの張り紙には・・・?

e0146031_18004411.jpg
わ〜ぉ、今の私にどんぴしゃりな文章でした。
『心読まれすぎ。。(;´▽`A``』
なんて苦笑しつつ、大人しく駅まで戻りましたよん。

--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2017-03-14 18:14 | 外出
e0146031_11384956.jpg
繰り返し瀬戸に訪れ、
細い小路をのんびり歩く楽しみを知ったのは、
二年ほど前のことでした。

e0146031_11385028.jpg
意外なことに、名古屋近郊には『昔ながらの街並み』が沢山残っていて・・・
急須で有名な常滑をはじめ、
美しい宿場町が残る妻籠宿、
船で渡れる佐久島などなど。
それでも私は、気付くと瀬戸に向かっている。

名古屋から車で小一時間、
山並みの稜線が濃さを増す頃、
次第に瀬戸の町並みが見えてきます。

・・・なんだか富山みたいだな。
運転席から見える景色に思いを馳せた瞬間、
瀬戸を好む理由がようやく分かった気がしました。
私は多分、故郷を再訪するような気持ちで瀬戸に来ていたのでしょう。

e0146031_11385185.jpg
この町はどちらかと言えばのんびりしていて、
”賑やか”ではなく”ひなびた”という感じだ。
小さな商店街にはほとんどシャッターが降りているし、
車がすれ違えないほど細い道がとっても多い。
でも、そういう所こそ、散歩の醍醐味があるように思えて。

e0146031_11385020.jpg
久しぶりにカメラ持って、

e0146031_11385008.jpg
久しぶりにのんびり歩いて。

e0146031_11385076.jpg
大らかな時の流れに、ついつい長居してしまいました。
また来よう^^

--------------------



[PR]
by futoshi84 | 2017-03-12 11:53 | 外出
(題名は過激ですが(;´▽`A``、普通のポタリングです)

夜明け前に起きて、静かに祈りを捧げたら、
さぁ出発です。

e0146031_16381269.jpg

抜けるような空の下、自転車を引き出したら出かけよう!
いつもならトラックやタクシーが行き交う幹線道路も、
今日は気持ち良いくらいスカスカ。

e0146031_16381346.jpg

e0146031_16381377.jpg
「新宿13km」が生ぬるく思えるのです。
(最近、長距離が多かったもんね^^;)

e0146031_16381514.jpg
気温は6℃くらいかな?
無風で太陽が出てるおかげで、
マフラーが邪魔になるくらい。
・・・おや?ドリンクホルダーに見えるのは・・・?

e0146031_16381425.jpg
「おしるこ味の豆乳」。笑
気持ちだけはお正月なんだなぁ・・・σ(^_^;)

e0146031_16381498.jpg
e0146031_16381414.jpg
がやがや初詣に向かう一団を見かける度、 妙に嬉しくなっちゃうね。

e0146031_16381599.jpg
e0146031_16381676.jpg
e0146031_16381688.jpg
一年を通じて最も人が少ないであろう、 元旦の新宿。
まばらに乗客を乗せた山手線が、
急ぐでもなく、のんびりホームに滑り込んでいきます。

e0146031_16384255.jpg
e0146031_16384391.jpg
元旦から仕事した帰り路、
知人宅でのんびり過ごした一日でした〜。

--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2017-01-03 17:11 | 外出
e0146031_17502943.jpg
e0146031_17502935.jpg
e0146031_17503078.jpg
e0146031_17502810.jpg
e0146031_17502823.jpg
今年はね、富士山運(天気が良い日に静岡県通過)が良いと思うのです。

--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2016-12-01 17:52 | 外出
e0146031_12112908.jpg
名古屋人にとって、温泉旅行といえば伊勢や飛騨高山、
下呂温泉が人気どころで、
山海の幸が楽しめる温泉旅行は、私も大好き。

でも、今回は東京からだし・・・
ということで、伊豆旅行に行ってきました。
e0146031_12112161.jpg
伊豆急行線は雰囲気抜群、すっかり気に入ってしまいました。
電車の天井でのんびり回る扇風機は、
タイで乗った深夜列車を思い出させてくれました。
e0146031_12165053.jpg
ホテルの最寄り駅。
駅員さんどころか、人っ子ひとり居ない・・・
切符、どうすりゃいいんだろう。
キセルやりたい放題じゃないか・・・
(そう思いつつ、帰りもちゃんと切符買ってしまう私^^;)


e0146031_12112214.jpg
「犬と温泉に入れる」をテーマにしたホテルだけあって、
館内のペット向け施設の充実っぷりときたらもう。
「犬用プール」「ドッグラン(めちゃ広大)」「ワンコ用の夕飯」などなど。
廊下や食堂は、もちろんペット同伴OKで。
フロントの方いわく、
「宿泊客は、ほぼみんなペットと泊まる」のだそう。

おみやげコーナーで試食をポリポリ食べてたところ、
「それ、犬用おやつです・・・」
と店員さんに苦笑されてしまいました(;´▽`A``

愛犬を連れて来てない私(何しに来てんだ)は・・・
e0146031_12112195.jpg
仕事でもしますかぁ〜!
(ホント何しに来たんだ^^;)

e0146031_12112273.jpg
カメラもあるし、写真も撮っちゃおう。

e0146031_12112206.jpg
日が沈むの、ゆっくりだけれど確実に早まってきてるね。
間接光はいつだって好き。
夜が更ける前に、

e0146031_12112375.jpg
ご飯食べよう。

e0146031_12112354.jpg
食前酒が一口ついた、会席料理。
ペロリと全部食べてしまった。

e0146031_12112309.jpg
満腹のまま散歩に出て、満天の星空を眺めて

e0146031_12112253.jpg
眠りが訪れるまで、谷崎潤一郎の「細雪」を。
(ここしばらく、純文学系の読書率が高くて・・
”昔気質な人”が好きだと、どうしてもこうなってしまうよねぇ)

e0146031_12112806.jpg
翌日はドッグカフェへ。

e0146031_12112827.jpg
甘いモノばかり食べてしまう私、、

e0146031_12112841.jpg

伊豆高原駅の近くにある、「伊豆テディベアミュージアム」にも足を運びました。
2階でジブリの展示も開催中で、巨大なネコバスなどもありました。
e0146031_12112816.jpg
トトロに出てくる風景がぬいぐるみで展示されていましたが、
「当時の食卓風景」の料理、
私の普段のご飯とほとんど一緒だ・・σ(^_^;)
ごはんと味噌汁の生活、慣れると病み付きになっちゃうよね。

e0146031_12112808.jpg
e0146031_12112984.jpg
そこから車で10分ほどのところにあるのは、
「伊豆オルゴール館」。

ちょうどオルゴールの実演イベントが開催されていて、
せっかくなので参加してきました。
オルゴールの音色にうっとり・・・というより、
危うくウトウト眠ってしまうところでした。
オルゴールの音にはリラックス効果があるそうで、
気持ちを落ち着けたり、安眠に良いのだそう。
「昔のものが好き」な私にとって、ドンピシャリな美術館でした。

e0146031_12112931.jpg
お昼にお蕎麦を食べて(調子づいて食べ過ぎてしまった;)、
さぁ帰りましょう。

e0146031_12112961.jpg
長い長い帰り路。
ダイヤの乱れもあって、帰宅したのは日没後。
ひっさしぶりに、「のんびりゆっくり過ごした」一泊旅行でした〜。

--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2016-09-08 12:47 | 外出

たっくさん遊んだお盆休みでした。

e0146031_11482854.jpg

家族総出で親戚めぐり。

行く先々で頭を下げ、

墓前では手を合わせ、

休憩中にはふぅと息をつく。


e0146031_11482990.jpg

車に乗り込み、大きく手を降って親戚宅を後にしてから、

「で、今の親戚と私って、どんな続柄?」

と情けない質問ばかりしてました。

(親戚に直接聞くわけにもいかないし、、、)



e0146031_11482728.jpg

「うまいものを食べさせてくれ。

ご飯が美味しければ、あとのことは何でも良い」


その気持ちが炸裂したのか、


e0146031_11482829.jpg

地魚の握り、


e0146031_11595472.jpg
食卓を囲んで、みんなで宴会。

(運転手の私はカルピスソーダ)


e0146031_11482936.jpg

老舗のます寿司屋さんで、二段重ねのます寿司(これは昔から大好物)、



e0146031_11485394.jpg

「昆布のおまんじゅう」でほっこり休憩。

(若干、奇抜な味で、「何度か食べるうちに病み付きになりそうな味わい」

と感じました)


e0146031_11482739.jpg

北陸新幹線の開通で新しくなった、富山駅にも。

ガラス張り、すっかりスタイリッシュになってる、、

「切符を一枚ずつ切ってくれる駅員さんがいる頃の富山駅」

が好きな私は、ただの懐古主義者でしょうか・・


e0146031_11482718.jpg

路面電車でばっちりピンぼけ。

(夜にマニュアルフォーカスは無謀でした)


名古屋に帰ってきてからは・・・



e0146031_11485372.jpg

念願叶って再会を果たした知人と共にお散歩、

そして、


e0146031_11482897.jpg

お蕎麦(久しぶりに自信を持って「美味しい!」と思える蕎麦に出会えた)。



e0146031_11482895.jpg

再会を祝して(?)、花火も。

一日じゅう大盛り上がりで、際限のないおしゃべりに興じ、

心の底から充実した日でした。




翌日の未明、

「来月も帰るぜ名古屋~っ!」

と始発の新幹線で東京まで。

名古屋駅で乗車して、席に着いた途端に爆睡、

新横浜駅到着のアナウンスが流れるまで、

一度も目覚めず。

こんなの初めて・・・

よっぽど、充足していたのでしょう^^;


--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2016-08-15 12:01 | 外出
e0146031_20490687.jpg
晴れ間が続いた平日のある日、京都へ行ってきました。

e0146031_20480550.jpg
車で一路向かった先は、伏見稲荷。
本当は宇治を訪れる予定だったのですが、
「京都へ行くなら伏見稲荷がおすすめ!
 けっこうアップダウンあるから、そこだけ注意」
と知人から聞いて、俄然行きたくなったのです。
e0146031_20480606.jpg
車の旅というのは、どれだけでも荷物を持っていける良さがありますね。
「喉乾くだろうから、水筒持ってこ。
 あ、運転中に眠くなるといけないんで、
 チョコレートもね。
 三脚っているかなぁ?とりあえず放り込んどこうか?
 本は5冊くらいあれば足りるかな?」

e0146031_20480647.jpg

ずっと運転してゆくので、
本なんて、いるはずないんです。笑
でも、こういった小気味の良いアバウトさが、
車の良さだと思ってますよ。

e0146031_20480616.jpg
伏見稲荷は「千本鳥居」で有名なところです。
入ってすぐのところにあるのは、京都の観光ポスターにも登場する、
二股に別れた鳥居。
『これはもう、写真撮っとかなきゃ』
とワクワクしていたのですが、

団体さんの観光客が来て集合写真撮る
 ↓
「私のカメラでもう一枚撮って〜!」があるので、数分は賑やか
 ↓
その間に後続の団体さんがやってきて待ち受けてる

の無限ループで・・・(;^_^A
写真は諦めました。
まぁ、そういう時もあるよねぇ。

e0146031_20480604.jpg
e0146031_20480642.jpg
e0146031_20480737.jpg
e0146031_20480702.jpg
山がちになった奥へ進むほど、人気は薄れてゆきます。
親子連れ、カップル、写真撮りに来てる人も沢山いましたが、
外国の人が一番多かった。多分、半分くらいは外国人だったんじゃないかな?

e0146031_20485417.jpg
東京にいても、近年の外国人増加は肌身で実感できます。
歌舞伎町にはアジア系の人たちがバスで観光に来てるし、
夜の原宿は外国語が飛び交っていて、
ケバブの店が大盛況で。
e0146031_20480731.jpg
賑やかなのは、いいことです
元気なのも、大切なことです。
増加の一途をたどる来日外国人を見ると、
私はもう、海外へ行かなくても良いんじゃないかと思えてきますよ・・・^^;
e0146031_20480713.jpg
話は伏見稲荷に戻って・・・
朱色の塗り直しなど、修復はそこかしこで行われています。

e0146031_20485520.jpg
・・・それにしても、上り坂は意外と疲れてきます。
傾斜そのものは緩やかでも、行程は案外ある。
登り降りの所要時間、2〜3時間くらいかな。
e0146031_20485596.jpg
途中には休憩所もあって(階段でいう「踊り場」でしょうか)、
「ビールあります」なんて謳い文句も。
高尾山を思い出しながら上りました。

e0146031_20485572.jpg
e0146031_20485594.jpg
e0146031_20485672.jpg
せっせと登り続けていると、不意に眺望がひらけました。
「おぉ、さっき通ってきた高速が見えるよ」。

e0146031_20485621.jpg
ようやく山頂。
しばし休憩して、さぁ、下山です。
(気分はすっかり山登り。笑)

e0146031_20485623.jpg
e0146031_20490424.jpg
e0146031_20490538.jpg
e0146031_20490590.jpg
e0146031_20490610.jpg
e0146031_20490687.jpg
降りきったところで、遅目のお昼を。

e0146031_20490638.jpg
e0146031_20490618.jpg
最寄り駅も朱色でした。
(関係ないかな?)

e0146031_20490689.jpg
まだ時間あったので、ついでに宇治にも行きましょう。
道路標識に「奈良」が出てきたり、
前後の車が「なんば」「京都」のナンバープレートだと、
不思議と嬉しくなってしまいます。
(そういうのって、ありませんか?)

渋滞に巻き込まれつつ、、、
e0146031_20490719.jpg
先年改修工事が終わった、宇治の「平等院鳳凰堂」。
10円玉に出てくるところです。
(知人に教えてもらうまで気づかなかった私;)

到着したのが閉館のギリギリ前で、
ほとんど見る余裕がありませんでした。
でも、併設の博物館はスタイリッシュで、
見応えもありそうで。

e0146031_20491138.jpg
すぐ側を流れる宇治川をお散歩して、気分もしっとり。
またゆっくり訪れましょう。
(本当は宇治抹茶のお店へも行きたかったのですが、
それもまた次回、ね^^)




--------------------

[PR]
by futoshi84 | 2015-10-24 21:18 | 外出
e0146031_16433479.jpg
e0146031_16433426.jpg
e0146031_16433499.jpg
e0146031_16433471.jpg
e0146031_16433484.jpg
飲み屋さんより野菜直売所。
電車より徒歩。
スーパーより道の駅。

「素朴」を軸に旋回し続けていたら、
随分久しぶりの更新になりました。
(しばらく写真撮ってなかったので、以前のを。)

--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2015-09-30 17:00 | いつも
e0146031_19095703.jpg
e0146031_19095766.jpg
e0146031_19095717.jpg
e0146031_19095807.jpg
e0146031_19095733.jpg
e0146031_19095706.jpg
夜の図書館は気持ちが良い。
建物の奥へ行くほど、水を打ったように静かになる。
(慌ただしいのは、入口の貸出コーナーだけ)

本と同じコーナーで読むのが好き。
哲学の本を読む時ならば、哲学コーナーの脇にある椅子で。
中東の地理本の時は、地理(世界)の本棚付近で。

集中してくると、そこで世界が完結するような、
得も言われぬ恍惚感があるのです。

んでもって、星を追いかけながらゆく帰り途。
これも大切な時間なのです。


--------------------



[PR]
by futoshi84 | 2015-06-22 19:17 | いつも