タグ:うつっぽい ( 37 ) タグの人気記事

e0146031_22240987.jpg
宅急便を受け取りに、深夜のコンビニへ。
レジに並んで会計を待ちながら、
「この店員さんは何かがありそうだな、、、」
と勘付いた。

前の人が会計を終えたあと、レジに近付きながら、
それとなく店員さんの左手に目をやった。
袖の隙間からリストカットの傷跡が幾筋も覗いているのを見つけたのは、その時だった。
e0146031_22240826.jpg
「あぁ、やっぱりそうか。。」
事前に察知した自分が空恐ろしくて、
私は努めて表情を消して会計を終えた。

『心の病』というのだろうか、
そういうのを患ってる人が”分かる”時がある。
何故分かるのか。何が基準で分かるのか。
そんなことは分からない。
でも、たしかに勘付く事がある。
それは「同じエレベーターに乗り合わせた時」であったり、
「たまたま居合わせた料理店の隣のテーブル」であったりする。

そして、こうも思う。
「私だって知らずに察知されてるだろう」と。

--------------------

e0146031_22240954.jpg
近頃、大学在学中の、”病気のひどかった頃の自分”を思い返すことがある。
当時の私は実にひどいものだった。
生きているという実感に乏しく、そのくせ感受性だけは強く、
無根拠な自信だけがある。
強烈な自殺願望があると同時に、”捨て身の潔さ”みたいなものをも漂わせている。

e0146031_22241060.jpg
あれから何年もの歳月が経って、
私は(きわどいながらも)「普通に近い」生活が送れるようになった。
当時を回想できるようになったのは、あるいはその為かもしれない。

でも、仮に元気になった今の自分が昔に戻れたとしても、
”当時の自分”を説得することも、なだめることも出来ないだろうと思う。
むしろ返り討ちに遭ったり、
「未来からやって来た裏切り者」
と口汚く罵られるだろう事は、なんとなく”分かって”しまう。

e0146031_22241508.jpg
当たり前のことだけれど、「今の私」は「昔の私」を内包して生きている。
心のどこか−それも”片隅”とは言えないほど広大などこか−を伴って、
私の内部に居る。
当時の自分を切り開くことも、無かった事にすることも出来ないまま、
今日も私は生きている。

e0146031_22240958.jpg
元気になった今でも、初対面の相手の左腕を見てしまう癖が、
私にはある。
傷一つない腕を発見する度、『あぁ、良いな』と思う。
でも、『うらやましいな』とは思わない。

反対に、傷跡のある人を見つけてしまうと、
ほとんど本能的に、引きずり込まれるような共感を覚えてしまう。
何か話しかけたい、と思ってしまう自分を発見する。

傷跡のある人に対し「過度に距離を取ってしまう」
という私の態度は、多分そのあたりにあると思うのです。

--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2016-11-16 23:03 | うつ
e0146031_21305549.jpg
今でも時々

自分を見失う時がある

週に4回くらい。

--------------------



[PR]
by futoshi84 | 2016-09-15 21:31 | その他
e0146031_1641720.jpg


思い出せないほど久しぶり。
オーバードーズをしてしまう。

薬を飲んだ後の、切れ切れの記憶だけが心にこびり付いている。
恐る恐る左腕に目をやると、生々しい切り傷が10本ほど走っていた。

...Fuck this.
呻くように呟き、よろめきながら台所で水を飲んだ。

「今回は仕方ないさ。
気を取り直して、いつも通り過ごせばいいんだ。」

私は陽気さを装ってオーブンでパンを焼き、
ヨーグルトに自家製のバナナジャムを添えてゆっくり食べ始めた。
それが毎日の朝食なのだ。

身体がじーんとしびれたような感覚で、
思うように力が入らない。
柔らかなブリオッシュ生地だって噛み切れなかった。

うなだれて食器を片付ける途中、ついには吐瀉してしまった。
戸棚から雑巾を取り出す途中、
今度はよろけて転倒してしまった。無様なものだ。

今日は終日、家に居よう。
私はそう思った。
時にはこういう日だってあるのだ。
病気の寛解宣言から5年が経過した、現在ですら。

--------------------
[PR]
by futoshi84 | 2016-06-07 16:23 | うつ
e0146031_19564020.jpg
『思うに、君には何かがある。
あるいは何かが欠けておる。
どちらにせよ、同じようなものですが。』

集中治療室からの退院後(私はその年、自殺未遂を起こしたのだ)、
電話口で知人に言われた言葉。
全く同じセリフが村上春樹の小説に登場することを知ったのは、
2015年晩秋のことだ。



--------------------

e0146031_19563395.jpg
車の運転が好きだ。
今年は萩まで運転して行く予定で、長距離運転も苦にならない。
アルジャジーラやBBCを聴いていると、
どこまでだって行けそうな気がするのだ。


e0146031_20141441.jpg
「鉄バイプで殴り殺して、生ゴミのように棄ててくれ」
むかしの日記をめくっていた時、その殴り書きを見つけた。
日付に目を落とす。2009年の11月。

私はきちんと前進しているのだろうか?
あの頃の自分に向かって「生きてて良かったぜ」と言えるのだろうか?
その答えは、今なお出ない。


--------------------



[PR]
by futoshi84 | 2016-01-20 20:23 | うつ
e0146031_19230679.jpg
自死への衝動が暴力的ということは

「思いとどまらなきゃ」

そう耐える気持ちはさらに暴力的ということです




--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2015-09-21 19:25 | その他
e0146031_19461646.jpg
e0146031_19461686.jpg
e0146031_19461622.jpg
e0146031_19461631.jpg
e0146031_19461653.jpg
e0146031_19461508.jpg
e0146031_19461696.jpg
e0146031_19461670.jpg
イスラム国へ旅立つ連中の気持ちが、
少しだけ分かったような気がした。


--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2015-06-04 19:52 | その他
e0146031_19413091.jpg
たまに泣きたくなることだって
あるんだよ




--------------------


[PR]
by futoshi84 | 2015-02-28 19:42 | うつ
e0146031_13473907.jpg
ゆっくり休息をとって

いつか機会が巡ることがあったら、


--------------------



[PR]
by futoshi84 | 2014-10-05 13:55 | うつ
e0146031_15525654.jpg
うんと薬を飲んで

今日はおやすみ




--------------------






[PR]
by futoshi84 | 2014-09-08 15:57 | うつ
e0146031_2122271.jpg


ぬぬぬというほどに。体調不良(久しぶりに)。

こういう日は早めに休みます。
んでもって、写真はヨルダン川西岸のパレスチナ自治区。
[PR]
by futoshi84 | 2014-05-14 21:24 | その他