e0146031_13163422.jpg
『もう連絡は来ないかもしれない』
そう思っていた君から数年ぶりにメールが届いた夜、
どれだけ安堵を覚えたことか。

e0146031_13163634.jpg
過去の事、未来への展望、起こらなかった出来事。
それらに思いを馳せるたび、世界の不思議さに気が遠くなります。
この一年、君と再会できた幸福を、
折に触れて感じてきました。
例えば通勤客でごった返す新宿駅の改札にて。
あるいは夕飯のお皿を洗う台所で。

e0146031_13163597.jpg
正直に白状すると、
『今すぐ新幹線に飛び乗って君の元に駆け付けたい』
その切迫感が募ったことは、一度や二度ではありません。
でも、これまでの経験で思ったのです、「今行ってはいけない」って。
地球を周る軌道衛星のように、
私は距離を保ったところに居なければいけない、って。

駆け付けることが君のためでなく"私自身の押し付け"なら、
それはもう、誰の為にもならないじゃないか、って。

『見て見ぬふり』ではなく『見ないふりをして見る』ことの大切さも、
”共有ではなく黙考すること”の大事さも、
あなたから教わった貴重なるものの一つです。
(奇妙な表現ですよね、ごめんなさい)


久しぶりに訪れた、あなたとの長いやり取りは、
何にも代え難い喜びでした。
内面深く切り込んだメールの送受信は、
私にとって精神的な治癒だったのだと、振り返って感じています。
これまでの全人生で決して触れなかった、心の局所に対して。

あなたが与えてくださった大いなるものと共に生きていこう。
このごろの私はそんな風に思っています。

--------------------

e0146031_14084674.jpg
私のことは、大丈夫。
君が帰ってくる頃も(あるいは永住するにしても)、
同じようなところで、同じような生活をしていることでしょう。

早朝のカフェで読書にふけり、
美しいものを称えるように写真を撮り続けて。
それら永遠とも思える時間性の中で、静かに君を待っています。

e0146031_13163534.jpg
こんなに目まぐるしい現代社会だけれど、
少なくとも、ここには確かに『変わらないもの』が存在します。
静かなる持続として。
一つの磁場のように。


『だから』といっても何の説得力も無いけれど、
どうか気後れなく、楽しんできてくださいね。

『楽しいことばっかじゃないんだから!』
って、君に怒られてしまいそうだけど。

楽しくご機嫌に過ごせれば、大概のことは大丈夫。
それが私の意見であり、信念です。


身体にだけは気を付けて。

いってらっしゃい、ね^^

--------------------




[PR]
# by futoshi84 | 2017-07-04 14:01 | ともだち
e0146031_20174078.jpg
スーパーからの帰り路、自転車を停めて撮った一枚。

SF映画なんて見なくっても、
『自分は宇宙の一部なんだな』
まるで旧友に再会したときのような、
懐かしい気持ちを思い出させてくれる。
夕焼けには、そういう作用がある。

--------------------


[PR]
# by futoshi84 | 2017-07-02 20:20 | その他

身をかがめてくぐった先に見えた、ねぶた風の魚料理店。

e0146031_21265907.jpg
なんとなく、一人で食事を摂りたい気分だった。
ボケっとしながら刺身のツマでもつついていたいような、そんな気持ち。
だから迷わず魚料理を食べに行った。

『試験合格のお祝いに』というのが表向きの理由だったけれど、
実際わたしは寂しかったのだ。失恋直後ということもあって。

e0146031_21265953.jpg
カウンターの端に座り、青森県の日本酒を飲みながら刺身を食べた。
ボケッとする時間が長いからだろう、
私は恥ずかしいくらい食べるのが遅い。
誰かと食事に行って、みんなを待たせるのはいつだって私なのだ。
だからだろう、時々ひとりで外食すると、
知らず知らずホッとしてしまう。
そして決まって長居してしまうのだ。

こういう時、お酒が手元にあるのは本当に助かる。
のんびりしてても叱られないから。

e0146031_21294083.jpg

急ぐでもなく刺身を口にし、
囲炉裏の炎がはぜたり揺らいだりするのを飽くことなく眺めた。
炎を見つめるのはいつだって心安らぐものだ。
井形に組まれたキャンプファイヤーであれ、ろうそくの灯火であれ、
原初的な安らぎを覚えてしまう。

e0146031_21265841.jpg

『6月は色々あったな・・・』
しなくても良いような総括を、知らず知らずしてしまう。
念願だった試験に受かったちょうどその日に、私は失恋したのだった。

『そういえば、離婚から二年経ったんだよなぁ・・・』
気付かなくて良いような事ばかり頭をよぎる。


--------------------

e0146031_21265888.jpg

この二年はいったい何だったのだろう。

私は自死を選ばなかった。
(それは非常に結構なことだ)

一時は”風前の灯火"と思われていた家計は、
わずかながらも上昇の気運を見せ始めている。

日が、月が、歳月が消えていくのを黙って傍観する日々は、
ようやく終わりを告げようとしている。

忘れるのではなく、赦すということ。
その言葉の重みが、ひときわ身に沁みて感じるようになった。

e0146031_21270071.jpg

離婚後の二年間を一言で言い表すことなんて出来ない。
様々なことが起こったのだ。あるいは起こりすぎたのだ。
私は死ぬことにこだわらなくなった。
そして、その結果として「現実との和解」が起こった。

e0146031_21270073.jpg

いつの間にか"自死"という言葉が思い浮かばなくなり、
代わりに自然の豊潤さに目を向けるようになった。
若草の茂る雑木林や大気を染め上げる夕焼けの中に佇むうち、
「死ななくても大丈夫」そう思えるようになった。
あるいは自然を見るようになった結果、自殺願望が薄まったのかもしれない。

無論、自殺願望が消えたわけではない。
(それはいつだって心の何処かに住んでいるのだ)
むしろ私は、そうした破壊的な気持ちに対して「そこに居てもいいんだよ」と伝えたい。
自殺願望が居られるような、多層的な内面であってほしい。
そうした「やわらかい肯定」を携えて、
しばらくは生きていこうと思った。

--------------------


[PR]
# by futoshi84 | 2017-06-29 21:36 | その他
e0146031_12435096.jpg
フラレることだってある。

--------------------


[PR]
# by futoshi84 | 2017-06-28 12:44 | その他
e0146031_19022967.jpg
『待ち合わせ場所に早く着いたから』と

駅前の本屋さんを何気なく覗き

気付くと一万円以上も本を買ってしまうことが(よく)ある

--------------------



[PR]
# by futoshi84 | 2017-06-24 19:03 | いつも
e0146031_13490608.jpg
これくらいの時間に帰れるとね、
俳句のひとつでも読み上げたいくらい楽な気持ちになれるのです。

--------------------


[PR]
# by futoshi84 | 2017-06-22 13:51 | いつも
e0146031_10482768.jpg
ひっさしぶりの栄で向かったのは、
ひっさしぶりの和菓子屋さん。

e0146031_10482871.jpg
閉店時間ぎりぎり、なんとか間に合いました
Mission accomplished :)

ようかんの値段にビックリ。
でも、せっかくここまで来たのですから。

一つは自宅、もう一つは東京へ持って帰ろうね。

e0146031_10482646.jpg
『富士山へ一直線な道』
に、なんだか憧れてしまう私。

e0146031_10482773.jpg
お昼ごはんにすき焼きを。
美味しかったな〜、赤味噌だったからかな?
思わずお代わりしちゃいました。


(遊び呆けてるような日記ですが^^;、
仕事もちゃんとしてます・・一応、、(;´▽`A``

--------------------



[PR]
# by futoshi84 | 2017-06-20 15:07 | 外出
e0146031_19202239.jpg
6:12、東海道新幹線の車内で朝食を。
自家製の抹茶レーズンパンを頬張ると、
それだけで幸せになれる不思議。

e0146031_19202216.jpg
無性に絵が描きたいけれど、
なんだかこう、上手くいかない。
片思いの時みたいな歯がゆさだ。
『見たままに描けたらな』
って、そのことばかり考えてしまうのです〜^^;

--------------------

[PR]
# by futoshi84 | 2017-06-17 19:28 |